未文化

 | 

2007-10-23公共詩篇

[]合作 22:50 合作 - 未文化 を含むブックマーク はてなブックマーク - 合作 - 未文化

手順

  1. 誰かが作品のタイトルをキーワードとして登録します。
  2. 皆でキーワードを編集して、目次(章構成)とあらすじ(一行程度)を書きます。
  3. 皆で放置します。
  4. 部内外問わない誰かが好きな章を選んで書きます。あらすじの内容は入れます。でもあらすじ以外の事をメインで書くのを推奨します。
  5. 書いた誰かは、キーワードを編集して、書いたブログURLを章の所に貼ります。部外の人の場合は、トラックバックキーワードに飛ばして、部内の誰かが気付いたら加えます。
  6. 急がず待ちます。忘れた頃に見てみたら、一つの物語ができてるはずです。ブックマーク等で周知して、各人でキーワードに本文転載して、続けて読みましょう。

  • 黒猫の墓参り
    • プロローグ
      • 黒猫が生まれたが、生まれつき羽根が生えていた。
    • 1章 
      • リューマチをこじらせたお爺さんのために、孫は旅立った。
    • 2章
    • 3章 
      • 赤い黒猫が突如世界中に現れる。
    • 4章
      • 愛と勇気に満ち溢れるラスト。
    • エピローグ

  • 桃太郎
    • 一話「生まれた! 桃から赤ん坊!」
    • 二話「やんちゃな桃太郎おねしょ騒動」
    • 三話「犬太郎は僕の友達」
    • 四話「きびだんご大好き!」
    • 五話「桃太郎、鬼を倒す」

雑感

  • 話の筋の通った物語と言うより、ごちゃまぜで破綻した物語を期待している。
    • あらすじという小さな糸を守る事で、物語にできないか。ごつごつした数珠。
  • 結局二人(または独り)でやるはめに。
    • もしくは完成しない。
  • 各人が、全然他の話を読まずに書いた方が、出来上がりが面白いんじゃないか。
    • でも絶対読んじゃダメは、なんか嫌だ。
    • あと読まないとやろうという気が起こらない
    • 自由でいいか。
  • あらすじを守る事で生じるだろう話の間の矛盾をどういう風に許容するか。
    • たとえば
      • 例の桃太郎一話で、誰かが桃を類希なる桃尻の比喩として書いたとする。
      • 二話を書いた人は、桃から生まれた事で、村の子供から孤立する桃太郎が書いたとすると、物語の筋が崩れる。とか。
    • 各人が、自分の書く章の周囲はせめて読んで反映させる。
    • もしくは、あらすじを特異に捉える事はしない。
    • もしくは、あらすじに関連を持たせないようにする。
    • もしくは、気付いた人が、矛盾解消の為の一遍を挟む。(原文は元のまま)
    • もしくは、舞城王太郎の「暗闇の中に子供」みたいなん。あと平行世界とか一巡後の世界とか、どうにでもできる気がしてきた。

extrameganeextramegane2007/10/24 04:59突飛なエピソードを挟む場合は、エンディングを書けって言われたら書けますよ俺は!っていう自信とともにエピソード足してよね、というルールはどっかでリレーやるときのルールになってたと聞きましたぞ

sasuke8sasuke82007/10/24 08:27確かに綺麗に物語をつなげるという目標の下だと、突飛なエピソードを書くのには責任が伴いますね。なるべく責任を感じないで伸び伸び皆が書いたら出来上がったみたいなのが理想なんですが。
上のを書いたときは、書く人が違うんだからその人固有の雰囲気を最大限に生かしつつ、でもひとつの物語にできないかとか思ってました。百物語とか食人賞とかより強く、リレー小説より弱いつながり。

ilikebettyilikebetty2007/10/24 12:49個人的には暗闇の中に子供方式のとっちらかりっぱなしな感じがいいかなと。作中作中作中作みたいな。

sasuke8sasuke82007/10/24 23:38とっちらかりっぱなし良いですね。読者が勝手に想像するという。なんかも粗筋も、書くだけ書いといて、実際の話には入れなくてもいいかもですね。作者は、後で捏造するか言い訳する責任がある。とか。

 |