未文化

2008-08-26

[]大盗賊オルテガ 00:54 大盗賊オルテガ - 未文化 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大盗賊オルテガ - 未文化

オルテガ少年 - だって、思いついたから - 文投げ部

それっぽくまとめてみた。

  • ストーリー
    • 魔王バラモスの登場以前、かつて世界一の国だったが、敗戦により現在は世界中から監視される小国アリアハン
      • しかし、時代の変化に伴い、目に見える脅威はなく、一見平和である。
    • オルテガ(8さい)は、友人であるアリアハン王子(38さい)が、めちゃ元気な父王のおかげで王にもなれず、働くことも許されず、やることなくて、元来真面目な性格も災いして腐っていく様子を見て、自らが盗賊団となって王子に仕事を与えてやろうとするのだった。
      • 「平和な国であることにもちろん異論はないのだ。父上が存命で健康であることもよいことだ。ただ私の存在が無駄だ。父上は私が働く事を許しはしない。私は38になった。だが、何も為さぬ。生み出さぬ」
    • ナジミの塔を根城にする盗賊団を壊滅させたオルテガは、そこで盗賊達を従え、盗賊見習いのカンダタ、幼馴染のバコタ、ルイーダといった仲間と一緒に、盗賊団を結成する。
    • アリアハンを脅かす脅威となって、王子率いる討伐隊に仕事を与えるんだ!
  • ゲーム概要。次の三つのパートを繰り返していく。
    • オルテガは強いが仲間は弱い。仲間を鍛え、見つけ、お宝の情報をGETするRPGパート!
      • 街の中にはオルテガの気になる女の子もいるぞ……積極的に話しかけてみよう。もしかして、その子は、未来の……!
    • 不法侵入して、見つからないようにお宝を盗み出そう! 泥棒パート!
    • 邪魔な対抗組織を壊滅させろ! 陣取りパート!
  • 断片
    • ついにアリアハンにおける大盗賊団に成長したオルテガは、仕上げとして盗賊たちを王子に捕まえさせようとしたところを、ルイーダに裏切られる。「全てのお宝は私のもの! 世界は私のかしずくの?」
      • もういちど盗賊団を壊滅させて、泣きじゃくるルイーダを連れ帰るオルテガ萌え
    • 王子(38)が恋をした! 相手はロマリアの王女。窮屈な王宮から抜け出したいという王女の願いをかなえるために、オルテガと王子は街に繰り出すのだが……。エピソード「ロマリアの休日」
    • ひょんなことから、邪神シドーに気に入られたオルテガ。「魔王になるか?」との質問にどう答える?
    • 精霊ルビスの同位体意識の一つと接触したオルテガだが、シドーにそそのかされて、おしっこをひっかけててしまう。
    • オルテガが顔を隠すためにしたマスクが、オルテガを尊敬するカンダタにヒット。彼の美意識に刷り込まれる。
    • 多彩なキャラクター
      • ポカパマズさん
        • 年齢不詳。流浪の凄腕の戦士とかだきっと。ちゃんとした大人。勇者サイモンだとか、なんだとか言われるが、一切は謎につつまれているとかで、オルテガが負けたりするんだきっと。
        • 最強オルテガ物語にすると、ポカパマズさんが活き難い。オルテガが年相応の子供で、初めて接する大人としてのポカパマズさんとかの方が萌える。
      • オルテガの父
        • 多分、この親父は強いけど、でも人間としてはあまりおススメできないタイプと見た。アル中とか。
        • 仲間になったり、敵になったりするのが楽しそう。
      • 魔法の玉の老人
      • 王様
        • 血の気が多いが、敗戦国であることをわきまえた外交と内政でアリアハンを立て直す。
        • 息子を溺愛するが、がけに突き落としたいタイプ。(どんなタイプだ)
        • 後半、オルテガの意図に気付き(もしくはオルテガが連絡をとり)、軍事訓練などに利用するようになる。(オルテガの盗賊団は、邪神シドーと契約するとかで、いつの間にか魔物混合の軍団となっている)
    • 攻略可能ヒロイン
      • ナジミの塔に隠れ住む流れの神父の連れている少女
        • 言葉少ない大人しい少女だが、彼女の抱える闇とは……。
        • ザオラルなどの高位魔法が使え、教会に行けない傷ついた盗賊団を癒してくれる。
      • 宿屋の娘
        • アリアハンの城下町ではええところのお嬢さん。
        • 性格は元気で明るく、もちろんオルテガの事が気になる。でもオルテガ一家はやくざな戦士系なので親は快く思ってなくて、親もいい人で娘も親が好きなのであまり表立ってオルテガに近づけないタイプ。例によって、不良系のルイーダと仲が悪い。
      • エジンベアからの移民の娘
        • 高飛車で、威圧的エジンベア中心の思想に染まっているので、田舎に住むことを心底嫌っている。
        • 親は、腰が低く、エジンベアの思想を垣間見せないが、多分エジンベアの密偵だろう。裏では真っ黒で、娘がひくくらい悪いことをしてて、娘の小さな世界は崩壊寸前になるけれど、壊れた世界をさらに壊すようなオルテガの理不尽力に惹かれたりするんだ。きっと。
      • アリアハンの第X位王女(双子)
        • アリアハン王子の姪とかだろうな。例によって、おしとやかなのときっついの(なんだ、この世界はツンデレだらけだな)
        • 王子の家に堂々と情報収集にくるオルテガに惚れるとか。
      • ルイーダ
        • 酒場の娘。不良イメージでいくか、小学生にして魔性の女的なのでいくか、各人に任せよう。妄想しがいのあるキャラクターである。世の中なめてるけど、子供、というギャップがたまらないんだろ?
        • この娘が攻略可能だとするなら史実との辻褄合わせにもう一妄想ありそうだな。
      • というか、設定からして小学生じゃないか。まあ、エロじゃないんだから、いいよね。

大体、吐き出した。他、何か思いついたら、誰か書いてください。というかこれなんかほっといて、自分設定のドラクエ妄想がもっとみたいぜ。


元エントリのブクマコメントで言われてたけど、blogに書いてゲーム化することはまずないわなー。今回の場合も、書く方がそこまでの気概ないものなー。誰か、作ってよーという他力本願で、合作部に載せる始末。

でも、ドラクエは楽しいなーと再認識した。いつかゲームにしてみたいな。

ゲスト



トラックバック - http://collaboration.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20080826